お知らせ

愛媛の「じゃこ天」日経新聞で紹介

愛媛県の「じゃこ天」が日本経済新聞の記事で紹介されています(4月18日付け夕刊)。 こちらで記事の全容をご覧になれます。 ↓クリックで拡大します。 ...

>>続きを読む

見ておいしい「細工かまぼこ」の世界

かまぼこ職人が日ごろ研鑽した技術を競うとともに、各地に残る伝統技術を継承するために、毎年、開催される全国蒲鉾品評会が、先ごろ、盛況のうちに終了しました。今回で69回目を数え、農林水産省後援の下で行われています。 各地方の製品を見て食べることのできる展示試...

>>続きを読む

「かまぼこ新世紀」日経新聞の記事です

3月16日に開催された弊会の「全国かまぼこ展示試食会」をフォローして、かまぼこの新しいトレンド(洋風オードブル・だて巻きスイーツなど)が日本経済新聞の記事で紹介されています(3月30日付け夕刊)。 こちらで記事の全容をご覧になれます。 ↓クリックで拡大...

>>続きを読む

第69回全国蒲鉾品評会受賞者発表

第69回全国蒲鉾品評会の受賞者が決定しました。 農林水産大臣賞には、大川市・(株)志岐蒲鉾本店の「特選蒲鉾」、長門市・千銀蒲鉾(株)の「特上千銀」、防府市・(株)岡虎の「黄金竹わ」、銚子市・ダイマル食品(株)の「総州はんぺん」、八幡浜市・(有)鳥津蒲鉾店...

>>続きを読む

「らいかい」という言葉、ご存知でしょうか。

ひらがなで書くと、いまひとつ、イメージが湧きませんが、漢字で書くと「擂潰」。読んで字のごとく、擂り(すり)、潰す(つぶす)、かまぼこ業界特有の作業用語です。 昔から、かまぼこ職人の間には、一に買い(魚の目利き)、二に擂り、三に釜と言う言い伝えがあります。...

>>続きを読む

焼津市物産展開催in東京千代田区

焼津市の物産展が東京都千代田区紀尾井町の東京ガーデンテラス紀尾井町1階エントランスロビーで開催されます。【3月8日(水)11:30から18:30】 焼津の水産物・農産物の展示販売のほか、焼津蒲鉾組合からは、“焼津かまぼこ屋の若旦那集”の4名が、ねり製品の販売...

>>続きを読む

小田原かまぼこ桜まつり開催!

3月25日(土)・26日(日)に、小田原城址公園二の丸広場にて、第21回小田原かまぼこ桜まつりが開催されます。 かまぼこ名人による“かまぼこ”手づくり実演や「ききかま大会」などのイベントやステージライブ、小田原蒲鉾の限定品の販売もあります。 桜が開...

>>続きを読む

おでんも今やグローバル食品

年々、おでん人気は高まる一方。おでんを通じて、町おこしとばかりに、次々に、ご当地おでんが誕生しています。北海道おでん、小田原おでん、静岡おでん、新潟雪国おでん、富山おでん、金沢おでん…。海外でも、韓国おでんや台湾おでん。さらに、フランスおでんなるものまで出現…...

>>続きを読む

全国かまぼこ展示試食会を開催!

流通業者、食べ物や調理を専門とする皆さま、報道関係者の皆様へ 全国かまぼこ展示試食会を開催  2017年3月16日(木) 東京海洋大学 品川キャンパス 全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会・全国水産煉製品協会(代表理事会長:鈴木 博晶、以下 全国かまぼこ連...

>>続きを読む

蒲鉾と落語

一時期、落語人気の陰りが囁かれた時期もありましたが、日本テレビの「笑点」をきっかけに、この頃では、寄席に足を運ぶお客さんも増えてきたようです。 江戸時代に誕生した落語は、手軽な庶民の娯楽として親しまれ、市井の人々に、愛され、育まれて、今日に至っています。...

>>続きを読む