お知らせ

かまぼこが変わる?-②-

 平成23年の第63回全国蒲鉾品評会から新設された特別賞。プロのかまぼこ業者がアイデアが斬新だと感じたり、インパクトがあったもの、大いに刺激を受けた製品に授与するもので、最近ではテレビや新聞が、この特別賞に関心を寄せ大々的に取り上げられるようになりました。 ...

>>続きを読む

「風味カマボコ」日経新聞で紹介

「風味カマボコ」が日本経済新聞の記事で紹介されています(6月22日付け夕刊)。 こちらで記事の全容をご覧になれます。 ↓クリックで拡大します。 ...

>>続きを読む

かまぼこが変わる?-①-

年に1度、かまぼこ職人の晴れの舞台・全国蒲鉾品評会―――。 業界関係者の誰もが注目する一大イベントです。終戦直後の昭和22年に第1回が開催され、回を重ねること、ことしで69回。全国各地から名品、逸品、ご自慢の製品が約1000点、一堂に会します。 5人の...

>>続きを読む

世界で大ブーム!日本発の”スーパー食材”カニカマの凄い実力

 日本でもカニカマブームを盛り上げるべく、カニカマ愛好家集団カニカマファンクラブが「カニカマ100皿」を上梓。カニカマを使ったレシピをなんと、100皿に渡って紹介している。和食はもちろん、イタリアン、中華、エスニックとどんなレシピにも姿を変える変幻自在ぶりは、...

>>続きを読む

愛媛の「じゃこ天」日経新聞で紹介

愛媛県の「じゃこ天」が日本経済新聞の記事で紹介されています(4月18日付け夕刊)。 こちらで記事の全容をご覧になれます。 ↓クリックで拡大します。 ...

>>続きを読む

見ておいしい「細工かまぼこ」の世界

かまぼこ職人が日ごろ研鑽した技術を競うとともに、各地に残る伝統技術を継承するために、毎年、開催される全国蒲鉾品評会が、先ごろ、盛況のうちに終了しました。今回で69回目を数え、農林水産省後援の下で行われています。 各地方の製品を見て食べることのできる展示試...

>>続きを読む

「かまぼこ新世紀」日経新聞の記事です

3月16日に開催された弊会の「全国かまぼこ展示試食会」をフォローして、かまぼこの新しいトレンド(洋風オードブル・だて巻きスイーツなど)が日本経済新聞の記事で紹介されています(3月30日付け夕刊)。 こちらで記事の全容をご覧になれます。 ↓クリックで拡大...

>>続きを読む

第69回全国蒲鉾品評会受賞者発表

第69回全国蒲鉾品評会の受賞者が決定しました。 農林水産大臣賞には、大川市・(株)志岐蒲鉾本店の「特選蒲鉾」、長門市・千銀蒲鉾(株)の「特上千銀」、防府市・(株)岡虎の「黄金竹わ」、銚子市・ダイマル食品(株)の「総州はんぺん」、八幡浜市・(有)鳥津蒲鉾店...

>>続きを読む

「らいかい」という言葉、ご存知でしょうか。

ひらがなで書くと、いまひとつ、イメージが湧きませんが、漢字で書くと「擂潰」。読んで字のごとく、擂り(すり)、潰す(つぶす)、かまぼこ業界特有の作業用語です。 昔から、かまぼこ職人の間には、一に買い(魚の目利き)、二に擂り、三に釜と言う言い伝えがあります。...

>>続きを読む

焼津市物産展開催in東京千代田区

焼津市の物産展が東京都千代田区紀尾井町の東京ガーデンテラス紀尾井町1階エントランスロビーで開催されます。【3月8日(水)11:30から18:30】 焼津の水産物・農産物の展示販売のほか、焼津蒲鉾組合からは、“焼津かまぼこ屋の若旦那集”の4名が、ねり製品の販売...

>>続きを読む